2016年12月31日

ヘイ、ばせを、ちょっと一緒にコラボしねー、コラボ(笑。


昨日から芭蕉を読み始めたが、
やっぱいいね、芭蕉は。

軽くも重くもできるからね。
軽いのはこれかな、

「もの一つ瓢はかろきわが世かな」
うーん、いいねぇ。

いいよ、ばせを。
ちょっと本気だしましたみたいなのが、

「水取りや氷の僧の沓の音」
やるねー。

コラボしてもらっていいかな(笑。
勝手に接ぎ木してみるけど、

怒らないでね(笑。
ひょうたんのでてくるオレの詩についでみるわ。
posted by バッティ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の宝飾

今日もひとつ詩を書いた、やっぱオレ、詩人やってると輝くわ(笑。


かなり詩もたまってきたかなと思って、
最初のリンクからたどっていったら、

まだまだ全然少ねー。
なんだこりゃ、

繊維のひとほぐしほどにもなってねえ(笑。
量産体制に入ってみるか、

年末年始だしw
posted by バッティ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年12月30日

こういうのを、「エスペラント」を聞きながら書き直してみたよ(笑。


で、こうなったと。
まだまだ下に続いてるけどね。

まあ、
まだまだ始まったばかりだが、

このシリーズは
あと10年くらいは続くから(笑。

そしたら、
かなり読み応えのある量になるよ、順三郎(笑。

http://shishi16.sakura.ne.jp/webpoem/bara.html

posted by バッティ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) |