2017年08月12日

おお、あんなに嫌っていた秀学館の監督と意外な接点が笑。

自分でも意外なほど秀学館を嫌うのでw
ここの監督のことを調べてみた。

そしたらなんと意外な接点を発見したのだった。
まず、ここの監督は早大出身だった。

なんとなくな、
そんな感じがしたんだよ笑。

ビッグネームはいないけど、
着実に鍛え上げた高性能な選手たち。

どっかと似てる、
あ、早稲田だ笑。

甲子園であんまり活躍しなかった選手たちが
大学で成長してプロ野球で花開く。

まさに、早稲田の雑草イズムが似てる。
しかし、そんなおおまかな接点なのではない。

この人の球歴を読んでいくと、
甲子園で対戦して負けたのは、博多工業の岩崎投手。

ここ。
ここが意外な接点笑。

オレ、知ってるっっっっ、
地方球場で見た。

ストレートが鬼のように速かった。
当時、うちの従兄弟が野球部の主将で

対戦したのだが、
みんなかすりもしない笑。

福岡県が県南と県北とで別々に予選をして
その後、県北のチームと対戦するのだが、

応援している子供心に
「県北つえっっっっっっっ」と印象を刻まれた。

その後、岩崎投手はプロに進まれたが、
残念ながらプロでは芽が出ず、

いまは糸島のシニアチームで教えていらっしゃるらしい。
で、そのチームから選手がやってきて

秀学館を支えているのだ。
そうか。

なんか知らんが、
感慨深かった笑。

オレが驚いた岩崎投手はプロに進んだのか、
あの後。

そして、
その人のところから選手を送ってもらってるのか。

どんな関係でそうなったのか、
まったくわからないが。

そうか。
なんか、あの監督があまり嫌いでなくなったかも。

ま、次の監督インタビューで
また遠回しの自校自慢をするまでの短い間かもしれないが。

で、まだ夏の優勝のない熊本県に
深紅の大優勝旗を持ち帰るかもしれん。

うん、
なんか感慨深い笑。

ここのエースが
足がつったけど、オレにはチェンジアップがあるから大丈夫なんて

強豪横浜高校相手に
ビッグマウスぶりを発揮してくれているが

それもまたかわいい気がしてきたw




posted by バッティ at 19:52| Comment(0) | 日々の宝飾

やっと小池都知事も本性だしましたか、だから維新みたいなものだっていったのに笑。

小池都知事、
選挙方法が小泉方式だもんね。

で、行政は
安倍方式の独裁笑。

それを全部豊洲とオリンピックで隠してたんだけど、
やっと出しましたか、本性。

よかったね、都民の皆さんも
やっと分かったじゃん。

大阪では維新、東京では都ファー
国会では自民で日本をだしに儲けようという皆様なんだよね。

でもこれでばれたから
日本ファーストの二番煎じはありませんw

都民ファーストの議員も
自分の意見に箝口令だされて分かっただろう。

なぜ脱退しないのか、
議員返上しないのかが謎レベル。

おそらくこれから脱退者がでるだろう。
そして都民の政治リテラシーがあがっていく。

そういうシナリオだな笑。


posted by バッティ at 17:59| Comment(0) | 陰謀論w

解けました、ひじでした、ひじを前に出すか出さないか、そこでした笑。


これが菊池選手。
投げる時に、ひじが顔を越えたあとでリリースしてます。

で、もう一人。
楽天の若き凄腕クローザー


この人も、ひじの使い方は同じ。
ひじが前。

しかし、和田選手はちがいますよ。
これです。

https://www.youtube.com/watch?v=l3cBzlKeURE

ね、
肩甲骨の反転というイメージが伝わりましたかね笑。

ひじを前にださないんだよね、
和田選手は。

最近の高校生はこの投げ方が主流になってきているから
違和感を感じるんだと思う。

ま、とにかく理由がわかってさっぱりした笑。
じゃあ、ね。
posted by バッティ at 15:05| Comment(0) | 日々の宝飾

あった、左右反転動画。ほら、今のサウスポーと投げ方違う笑。

https://www.youtube.com/watch?v=ucRYl8cfuM8

桑田の左投げ動画があった。
やっぱ、もともと右投げだからサウスポーと腕の振りが違う。

腕がぐるりんと後ろで回ってくるんだな。
サウスポーの方は、

なんか窮屈でピッチングフォームから
いくつかコマを飛ばしたような気がするのは

タイミングをとらせないためか。
あ、そうかも。

星野とか和田とかがそのあたりの先駆者っぽいな。
いまの高校生のサウスポーは

みんな和田っぽいからな。
そこか。


posted by バッティ at 13:56| Comment(0) | 日々の宝飾

サウスポーの球が速く見える。いや、それ、実際そうでしょ笑。

右投げの投手の球と
サウスポーの投手の球を比較すると、

サウスポーの球が
速いくて細い気がする。

ただ、
左投げが希少性があって

眼がなれていないとかそういう問題ではないと思えてきた。
で、

左投げ投手をじっと観察しながら
甲子園を見ているのだが、

どうも投げる原理が違う気がする。
右投げは腕の振りで投げるのだが、

左投げは肩甲骨を裏返す反発力で押し出している気がする。
確かに、手は振るけど

あれは手を振る必要性があってそうしているだけで
そうそう、

パッティングセンターの押し出して投げる機械、
腕をびよよよんとさせる方じゃなくて

押し出してくるやつ。
ああいう原理でサウスポーは投げている気がする。

そうすると、
球にかかる力が推進力だけになり

球のぶれが少なくなって細くみえるんじゃないかな。
そういう気がするが。

左投げ投手を左右反転させた動画とかないかな。
あればはっきりする。


posted by バッティ at 12:57| Comment(0) | 日々の宝飾

横浜対秀学館、オレはゆーうつな気持ちで見始めた、だって横浜、負けるから。

昨日の、
横浜対秀学館の試合はゆーうつだった。

オレは、横浜高校ファン笑。
一度、高校の近くを通ったときに

練習着のユニフォームを着た
上背のない選手たちをみかけたが、

ユニフォームの下の筋肉がばりばりだった。
ということは、

控え選手でさえも
ありえないくらいにカラだを鍛え上げてるってことだもんね。

そういう選手がいての、
甲子園活躍組がいるということだもんね。

松坂がいて、涌井がいて、
筒香がいる、そんな横浜。

一方、熊本代表とはいえ
大阪出身が基本の秀学館。

しかも、機動力・サイン盗み疑惑・監督の生意気なコメントと
オレの嫌いな要素をてんこ盛りでもってる秀学館笑。

もちろん、横浜高校を応援するんだけど
秀学館が勝つ。

それは試合を始める前から分かっていた。
秀学館は三期連続甲子園出場。

ということは、かなり打撃がいけてるということ。
試合前のベンチ前での素振りをみていても

かなりスイングスピードが速い。
これはすごい。

きらいだけどすごい笑。
これは甲子園制覇できるかもしれないレベル。

さらに投手は左が二枚。
念には念の、執念を感じさせるチーム作り。

勝つための諸条件をクリアしていったら
こういうチームになりました的な

熱血は下手なやつらの言い訳的な
野球サイボーグ的なチームができあがっているということになる。

ということは、
横浜が勝つには、先手を取って継投で逃げるしか活路はない。

ということは、
左のエースをぶつけて打順二回りくらいは僅差勝負にもちこみたい・・・

はずなのに、右のオーバースローが先発笑。
負けた。

正攻法でいって負けても悔いなし的な高校野球そのもののの玉砕戦法w
監督で負けた笑。

あとは試合を見守るだけ。
で、横浜負けた。

最近、監督で高校野球チームは制限を受けてる気が
かなりしてきた。

強くなるには、
賢い監督を冠にいだくことだ。

そういう気がしてきた。
いつ、そうなるの。

まだまだかかる。
勝てなくなって気づくまでかかる。

はぁ笑。

posted by バッティ at 12:47| Comment(0) | 日々の宝飾