2017年08月12日

おお、あんなに嫌っていた秀学館の監督と意外な接点が笑。

自分でも意外なほど秀学館を嫌うのでw
ここの監督のことを調べてみた。

そしたらなんと意外な接点を発見したのだった。
まず、ここの監督は早大出身だった。

なんとなくな、
そんな感じがしたんだよ笑。

ビッグネームはいないけど、
着実に鍛え上げた高性能な選手たち。

どっかと似てる、
あ、早稲田だ笑。

甲子園であんまり活躍しなかった選手たちが
大学で成長してプロ野球で花開く。

まさに、早稲田の雑草イズムが似てる。
しかし、そんなおおまかな接点なのではない。

この人の球歴を読んでいくと、
甲子園で対戦して負けたのは、博多工業の岩崎投手。

ここ。
ここが意外な接点笑。

オレ、知ってるっっっっ、
地方球場で見た。

ストレートが鬼のように速かった。
当時、うちの従兄弟が野球部の主将で

対戦したのだが、
みんなかすりもしない笑。

福岡県が県南と県北とで別々に予選をして
その後、県北のチームと対戦するのだが、

応援している子供心に
「県北つえっっっっっっっ」と印象を刻まれた。

その後、岩崎投手はプロに進まれたが、
残念ながらプロでは芽が出ず、

いまは糸島のシニアチームで教えていらっしゃるらしい。
で、そのチームから選手がやってきて

秀学館を支えているのだ。
そうか。

なんか知らんが、
感慨深かった笑。

オレが驚いた岩崎投手はプロに進んだのか、
あの後。

そして、
その人のところから選手を送ってもらってるのか。

どんな関係でそうなったのか、
まったくわからないが。

そうか。
なんか、あの監督があまり嫌いでなくなったかも。

ま、次の監督インタビューで
また遠回しの自校自慢をするまでの短い間かもしれないが。

で、まだ夏の優勝のない熊本県に
深紅の大優勝旗を持ち帰るかもしれん。

うん、
なんか感慨深い笑。

ここのエースが
足がつったけど、オレにはチェンジアップがあるから大丈夫なんて

強豪横浜高校相手に
ビッグマウスぶりを発揮してくれているが

それもまたかわいい気がしてきたw




posted by バッティ at 19:52| Comment(0) | 日々の宝飾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: